IDでもっと便利に新規取得

ログイン

5月13日妥当レンジ 28,100円~30,300円 ロシアとの緊張が続く限り、日経平均は28000円が上限か(TIWマガジン「投資の眼」)

5/17 16:30 配信

アイフィス株予報

【「IFIS/TIWコンセンサス225」によるマーケットの妥当レンジの推計】

投資のポイント

<22年度のコンセンサス予想は4月1日時点を下回った>
■決算発表が一巡した13日時点の22年度のコンセンサス予想EPSは、決算発表前の4月1日時点を1.6%下回った。下回ったとはいえ比較的高水準が維持された。23年度(来期)に関しては4月1日時点の水準が維持されている(若干上回っている)。しかし、中国経済の急減速や米国の景気減速の可能性、食糧価格の高騰など足もとのファンダメンタルズのさらなる悪化を十分に織り込んでいるとは言い難く、今後は下方に振れる可能性も考えられる。企業のガイダンスは従前の予想よりは悪くはなかったが、慎重であるのか強気なのかをまだ市場は判断しかねているという段階のように思われる。
■16日に発表された中国の小売売上高(4月)は前年同月比▲11.1%とゼロコロナ政策の推進から急速に悪化した。工業生産も同▲2.9%、1-4月の不動産開発投資も前年同期比▲2.7%であった。同日に上海市はロックダウンを6月から解除する方針を示したが、サプライチェーンの回復にはまだ時間を要するだろう。
■15日にフィンランドはNATO(北大西洋条約機構)への正式加盟申請を発表した。また、同日にスウェーデンの政権与党もNATO加盟への支持を公表した。ロシアとの緊張関係が強まることから、天然ガスの欧州への供給が停止されることも考えられ、エネルギー価格の高騰が継続することが懸念される。市場はロシアの弱体化から戦闘継続がやがて困難になるとの見方を持っているようであるが、弱体化は危機をより高める可能性も指摘できるだろう。ロシアを取り巻く緊張が緩和されない限り、リスクプレミアムの高止まりから(経済減速による企業業績の悪化が生じなかったとしても)株価上昇に楽観的にはなりにくいと考える。
■現状のコンセンサス予想から算出される日経平均株価の妥当レンジは28,100円~30,300円であるが、これはあくまでも平時(リスクプレミアム6.5~7.0%)を想定したものである。リスクプレミアムは7.0%超が続いており(13日現在7.44%)、日経平均株価はロシアとの緊張が緩和されない限り当面(半年以上)はは28,000円を上回ることは難しいと考える(下限はリスクプレミアム7.5%の26,100円と置く)。

アイフィス株予報

関連ニュース

最終更新:5/17(火) 16:30

アイフィス株予報

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング