IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東証スタンダード(大引け)=値下がり優勢、アルマード、ヨネックスがS高

5/12 15:02 配信

株探ニュース

 12日大引けの東証スタンダード市場は値上がり銘柄数296、値下がり銘柄数973と、値下がりが優勢だった。

 個別ではアルマード<4932>、ヨネックス<7906>、コマニー<7945>がストップ高。タウンニュース社<2481>、北海道コカ・コーラボトリング<2573>、大森屋<2917>、トラスト<3347>、イムラ封筒<3955>など20銘柄は年初来高値を更新。ナガホリ<8139>、ワイエスフード<3358>、ウイルテック<7087>、フルハシEPO<9221>、ショーケース<3909>は値上がり率上位に買われた。

 一方、フルヤ金属<7826>が一時ストップ安と急落した。サンヨーホームズ<1420>、明豊ファシリティワークス<1717>、富士古河E&C<1775>、三井住建道路<1776>、ナカボーテック<1787>など143銘柄は年初来安値を更新。ベリテ<9904>、ユニバーサルエンターテインメント<6425>、グローバルインフォメーション<4171>、グローバルダイニング<7625>、内海造船<7018>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース(minkabu PRESS)

株探ニュース

関連ニュース

最終更新:5/12(木) 15:30

株探ニュース

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング