IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中国人民銀行は来年第1四半期にも預金準備率を引き下げとの見方も

12/9 0:58 配信

みんかぶFX

 中国人民銀行は今週、銀行の預金準備率(RRR)を15日から0.5%ポイント引き下げると発表した。引き下げは7月以来で今年に入って2回目となる。新型ウイルスの流行が続く中、減速する景気の押し上げに向け1兆2000億元の長期流動性を供給する。

 市場の一部からは、中国は来年第1四半期にも再びRRRを引き下げる可能性があるとの指摘も出ている。その場合、今年7月と今回の12月を含めて計3回の引き下げとなるが、これでも過去引き下げ回数の下限にあるという。2015年から2016年の景気後退時には計5回引き下げていた。中国人民銀行は循環的な成長と構造改革のバランス管理を十分に行いたいという考え方を持っているようだとも指摘している。

 1月と3月に多数のドル建て債券の発行が予定されており、それに伴い財務リスクが大きくなる可能性もある中、第1四半期のタイミングが最も有力だという。

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:12/9(木) 0:58

みんかぶFX

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング