IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューヨーク外国為替市場概況・24時 ドル円、しっかり

12/9 0:16 配信

トレーダーズ・ウェブ

 8日のニューヨーク外国為替市場でドル円はしっかり。24時時点では113.86円と22時時点(113.75円)と比べて11銭程度のドル高水準となった。ファイザー社とビオンテック社が3回のワクチン接種で新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」を中和するとの試験データを発表。投資家のリスク志向が改善し円売り・ドル買いが優勢となった。米長期金利の指標である米10年債利回りが1.5127%前後まで急ピッチで上昇したことも相場の支援材料となり、一時113.95円まで値を上げた。

 ユーロ円は堅調。24時時点では128.71円と22時時点(128.45円)と比べて26銭程度のユーロ高水準。「オミクロン株」への警戒感が和らぎリスク選好の動きが強まると、円売り・ユーロ買いが膨らんだ。23時過ぎには一時128.88円と本日高値を更新した。
 ユーロ円以外のクロス円も堅調だった。ポンド円は150.53円、豪ドル円は81.50円、NZドル円は77.41円、カナダドル円は90.37円まで値を上げた。

 ユーロドルは強含み。24時時点では1.1304ドルと22時時点(1.1291ドル)と比べて0.0013ドル程度のユーロ高水準だった。ユーロ円やユーロポンドの上昇につれたユーロ買い・ドル売りが優勢となり、一時1.1320ドルと日通し高値を付けた。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:113.31円 - 113.95円
ユーロドル:1.1267ドル - 1.1320ドル
ユーロ円:127.83円 - 128.88円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:12/9(木) 0:16

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング