IDでもっと便利に新規取得

ログイン

塩野義薬が一時急伸、新型コロナの下水疫学調査における変異解析サービス開始を材料視

12/8 11:08 配信

モーニングスター

現在値
塩野義薬6,320+170

 塩野義製薬(塩野義薬) <4507> が急伸し、一時165円7715高の円を付けている。7日引け後、新型コロナウイルスの下水疫学調査における変異解析サービスを同日から開始したと発表、材料視された。

 同社は、自治体の下水処理場への流入下水を対象とした新型コロナの定量的測定サービスを21年6月から開始。新たに開始する変異解析サービスでは、定量的測定に加えて、下水中にどういった変異株が含まれているのかを検出することで、対象地域における変異株の発生および、まん延状況の把握に貢献することが期待されるとする。また、アルファ株、デルタ株など既存の変異株に加え、オミクロン株についても、検出可能な技術を開発しているという。

 午前11時6分時点の株価は、前日比83円高の7633円。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:12/8(水) 11:08

モーニングスター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング