IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【市場反応】米Q3非農業部門労働生産性改定値/10月貿易収支、ドル上昇

12/7 23:54 配信

フィスコ

労働省が発表した7-9月期非農業部門労働生産性改定値は前期比年率-5.2%となった。速報値から上方修正予想に反して下方修正され1947年10-12月期以降74年ぶり最低に落ち込んだ。同期単位労働コスト改定値は前期比年率+9.6%。速報値+8.3%から伸びが予想以上に上方修正され昨年10-12月期以来最大の伸び。

商務省が同時刻に発表した10月貿易収支は671億ドルの赤字。赤字幅は9月814億ドルから縮小したものの予想は上回った。

労働生産性は落ち込んだが単位労働コストの上昇などから、賃金インフレの上昇で米国債相場は続落。10年債利回りは一時1.465%まで上昇。ドル・円は113円50銭から113円78銭まで上昇した。ユーロ・ドルは1.1260ドルから1.1228ドルまで下落した。

【経済指標】
・米・7-9月期非農業部門労働生産性改定値:前期比年率-5.2%(予想:-4.9%、速
報値:-5.0%)
・米・7-9月期単位労働コスト改定値:前期比年率+9.6%(予想:+8.3%、速報値:+
8.3%)
・米・10月貿易収支:‐671億ドル(予想:-668億ドル、9月:-814億ドル←-809億ドル)

《KY》

フィスコ

最終更新:12/7(火) 23:54

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング