IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NY株見通し-今週はオミクロン株の感染拡大状況や物価動向に注目

12/6 20:50 配信

トレーダーズ・ウェブ

 今週のNY市場は上値の重い展開か。先週はオミクロン株の警戒感や、早期利上げへの警戒感が高まったことで主要3指数がそろって下落。ダウ平均は4週続落し、S&P500とナスダック総合は2週続落となった。

注目された週末3日の米11月雇用統計では、非農業部門雇用者数が大きく下振れし、テーパリング(資産購入の段階的縮小)加速懸念が和らいだことで株価は一時買いで反応したが、失業率が予想以上に改善したほか、昨年10月以降61.7%の壁を超えられなかった労働参加率も61.8%に改善するなど労働市場の改善が進んだことが株価を押し下げた。

 今週もテーパリング加速・早期利上げへの警戒感や、オミクロン株感染拡大への警戒感が引き続き株式相場の重しとなりそうだ。今週の米経済指標では10日発表の11月消費者物価指数(CPI)に注目が集まる。このほか、10月JOLTS求人件数、EIA週間原油在庫、新規失業保険申請件数、12月ミシガン大消費者信頼感指数速報値なども発表予定。決算発表はオートゾーン、キャンベル・スープ、ブロードコム、コストコ、オラクルなどS&P500採用の7社が発表予定。

 今晩の米経済指標は11月雇用傾向指数。主要な企業の決算発表はなし。(執筆:12月6日、14:00)

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:12/6(月) 20:50

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング