IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューヨーク外国為替市場概況・4時 ドル円、売り優勢

12/4 4:06 配信

トレーダーズ・ウェブ

 3日のニューヨーク外国為替市場でドル円は売り優勢。4時時点では112.60円と2時時点(112.86円)と比べて26銭程度のドル安水準となった。米長期金利の低下は止まらず、米10年債利回りは1.36%を割り込んでドルの重しとなった。昨日安値112.66円を下回り、112.57円まで売られた。ただ、今週前半につけた10月1日以来の安値112.53円の手前では一旦下げ止まった。

 ユーロドルは底堅い。4時時点では1.1324ドルと2時時点(1.1309ドル)と比べて0.0025ドル程度のユーロ高水準。米金利低下を受けたドル売りや、一部ユーロクロスが堅調なことなどに支えられて1.1327ドル付近まで強含んだ。なおユーロ豪ドルが1.6165豪ドルと9月末以来の高値を更新し、ユーロNZドルも1.6774NZドルまで上値を伸ばしている。

 ユーロ円はじり安。4時時点では127.51円と2時時点(127.63円)と比べて12銭程度のユーロ安水準だった。リスク回避の円高の流れは変わらず、2時過ぎには11月29日安値127.49円を僅かに下回り、127.48円まで下値を広げた。
 またカナダドル円も弱く、好調な11月カナダ雇用統計を受けて23時台につけた89.13円を高値に4時前には87.73円まで売り込まれた。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:112.57円 - 113.61円
ユーロドル:1.1267ドル - 1.1333ドル
ユーロ円:127.48円 - 128.34円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:12/4(土) 4:07

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング