IDでもっと便利に新規取得

ログイン

株式明日の戦略-反落も下押し圧力は限定的、あすは米雇用統計を前に様子見か

12/3 3:50 配信

トレーダーズ・ウェブ

 2日の日経平均は反落。終値は182円安の27753円。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり667/値下がり1431。証券会社のリポートを手がかりに、海運大手の川崎汽船、商船三井、日本郵船が急伸。任天堂やダイキンなど値がさの一角に強い買いが入った。ストップ安が3日続いたFRONTEOは、大幅安スタートとなったものの切り返して5%を超える上昇。値幅が出る中で売買代金は全市場のトップ3にランクインした。ほか、自己株取得を発表したアドウェイズや小森コーポレーションが大幅高となった。

 一方、ソフトバンクGが大幅安。マザーズ銘柄が弱く、BASEやそーせいG、ウェルスナビなどが値幅を伴った下げとなった。グローバルウェイは場中値付かずのストップ安比例配分。コロナへの警戒が高まった米国で空運株が売られたことから、JALやANAが軟調。JR東日本やJR西日本など鉄道株も多くが敬遠された。富士急行は人気アトラクション「ド・ドドンパ」に関して山梨県知事が運行停止を要請したと伝わったことから、5%を超える下落となった。

 本日、JASDAQスタンダードに新規上場したのむら産業は、公開価格割れからのスタートとなった後も売りが続いて安値引けとなった。

 日経平均は3桁の下落となったが、安く始まった後は比較的値を保った。ダウ平均は前日に大幅安となったとはいえ、史上最高値圏でやや陰りを見せた程度。それに対して日経平均は、これ以上下げると年初来安値が見えてくる状況。逆説的だが、ここからという点では日本株の方が下げ余地が少ないと思われる。
 
 あす米国では、11月の雇用統計が発表される。今回の雇用統計は結果はどのようにも解釈できる。内容が良い場合、ファンダメンタルズが良好とすることもできるし、インフレ高進への警戒が高まるとすることもできる。悪い場合、景気悪化懸念が高まるとすることもできるし、長期金利が上がりづらくなるとすることもできる。今の米国株が上がりたがっているのか下がりたがっているのか、それが雇用統計である程度はっきりしてくるだろう。
 
 その発表を前にしては、日本株は身構えざるを得ない。あすは今晩の米国株の値動きを消化した後は、様子見姿勢が強まると予想する。日経平均がきのうの安値(27594円、12/1)を下回らなかったことは安心材料。底割れすることなく下値を固められるかに注目したい。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:12/3(金) 3:50

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング