IDでもっと便利に新規取得

ログイン

香港大引け:4日ぶり反発、買い戻しも上値重い 後場に上げ幅縮小

12/1 17:30 配信

トレーダーズ・ウェブ

 1日の香港株式市場で、ハンセン指数は4営業日ぶりに反発。終値は前日比0.78%高の23658.92ポイントだった。中国企業指数は0.69%高の8426.24ポイント。メインボードの売買代金は概算で1394億8000万HKドル。

 ハンセン指数は高く寄り付いた後、上げ幅を広げた。前日まで3営業日続落し、2020年9月30日以来、約1年2カ月ぶりの安値で終えただけに、値ごろ感の出た銘柄を買い戻す動きが優勢。ただ、新型コロナ変異ウイルス「オミクロン株」が世界経済に与える影響を巡って不透明感が根強い中、上値追いの勢いは限られた。23800ポイント付近で伸び悩むと、後場はもみ合いながら上げ幅を縮小した。一方、きょう午前中に発表された11月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は49.9と、市場予想の50.5を下回ったが、市場の反応は限定的だった。

 ハンセン構成銘柄では、電動工具大手の創科実業(00669)、石油メジャーのシノペック(00386)が高い。前日に安かった大型ネット株の美団(03690)、テンセント(00700)が反発した。招商銀行(03968)、ハンセン銀行(00011)、中国工商銀行(01398)など金融株も堅調。半面、マカオカジノの銀河娯楽(00027)、サンズ・チャイナ(01928)、中国ネット通販最大手のアリババ集団(09988)と傘下の阿里健康(00241)が続落した。

 ハイテク関連銘柄で構成するハンセンテック指数は0.50%高の6058.80ポイントと4営業日ぶりに反発。オンラインゲームのネットイース(09999)、半導体製造装置大手のASMパシフィック(00522)、短編動画プラットフォーム運営の快手科技(01024)、スマホ部品・受託製造大手のBYDエレクトロニック(00285)が上昇した半面、不動産事業向けソフト開発会社の明源雲集団(00909)、SaaSプロバイダーの微盟集団(02013)、医薬品ネット通販の京東健康(06618)、平安健康医療科技(01833)が下げた。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:12/1(水) 17:30

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング