IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メルクのコロナ飲み薬モルヌピラビル、米FDA諮問委が許可勧告

12/1 7:10 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米メルクが開発した新型コロナウイルス感染症の経口薬モルヌピラビルについて、米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は11月30日、利益がリスクが上回るとして使用許可するよう勧告した。高リスク患者を対象とするコロナ飲み薬が米国で認められる可能性が高まった。

諮問委は賛成13、反対10で今回の勧告を決定した。

モルヌピラビルは、軽度から中等度のコロナ成人患者で重症化リスクがある人が対象。メルクはこの薬を米リッジバック・バイオセラピューティクスと共同で開発した。

今回の諮問委決定は、新たな変異株「オミクロン」の出現が深刻な懸念を招く中で下された。

FDAは諮問委の勧告通りに行動する義務はないが、通常はそれに従う。FDAはモルヌピラビル使用許可の是非について、この日の諮問委会合の終了後間もなく判断を下す可能性がある。

メルクのコロナ経口薬、入院・死亡防ぐ効果を下方修正-最新分析結果

米ファイザーも独自のコロナ経口薬の使用許可取得を目指している。

米政府、ファイザーのコロナ飲み薬1000万人分購入へ-関係者

原題:Merck’s Covid-19 Pill Gets Key Backing From FDA Advisory Panel(抜粋)

(c)2021 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:12/1(水) 7:54

Bloomberg

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング