IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京株式(前引け)=反発、米株高受け自律反発狙いの買いが優勢

11/30 12:00 配信

みんかぶFX

現在値
レーザテク26,500+465
東エレク56,410-460
トヨタ2,221.5-15
ソニーG12,620+140
キーエンス57,720-1,060

 30日前引けの日経平均株価は前営業日比214円99銭高の2万8498円91銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は6億2116万株、売買代金概算は1兆3788億円。値上がり銘柄数は1795、対して値下がり銘柄数は330、変わらずは59銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前日の米株高を受けて主力株をはじめ広範囲に自律反発狙いの買いが優勢となり、日経平均やTOPIXなど主要株指数が切り返す形となった。前週末からの急落の反動で空売りの買い戻しなども寄与したとみられる。半導体関連株などが買われ全体相場を牽引、一時日経平均は400円以上高い場面もあったが、前引けにかけ戻り売りや目先筋の利益確定売りに押され上げ幅を縮小した。ただ、値上がり銘柄数は1800近くに達し、東証1部全体の8割強の銘柄が上昇するなど買い気の強い地合いだった。

 個別では群を抜く売買代金をこなしたレーザーテック <6920> が上昇、東京エレクトロン <8035> も値を上げるなど半導体関連株が強い。トヨタ自動車 <7203> が堅調、ソニーグループ <6758> 、キーエンス <6861> なども高い。マネックスグループ <8698> が値上がり率トップに買われ、戸田工業 <4100> も値を飛ばした。半面、任天堂 <7974> が安く、ファーストリテイリング <9983> も軟調。塩野義製薬 <4507> 、エムスリー <2413> も売りに押された。リンクアンドモチベーション <2170> が急落、新日本科学 <2395> も大きく値を下げた。

出所:MINKABU PRESS

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:11/30(火) 12:00

みんかぶFX

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング