IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューヨーク外国為替市場概況・2時 ドル円、下げ渋り

11/30 2:05 配信

トレーダーズ・ウェブ

 29日のニューヨーク外国為替市場でドル円は下げ渋り。2時時点では113.75円と24時時点(113.92円)と比べて17銭程度のドル安水準となった。買い先行で始まったダウ平均が一転売り優勢となり、米10年債利回りも1.56%台から1.51%台まで水準を落としたことなどが重しとなり、1時前には113.56円まで上値を切り下げた。しかしながら、その後にダウ平均が底堅さを取り戻すと113.80円手前まで持ち直した。

 ユーロ円は大台割れでは底堅い。2時時点では128.11円と24時時点(128.29円)と比べて18銭程度のユーロ安水準。380ドル超高まで上昇したダウ平均が小幅マイナスまで沈むのを眺め、127.94円までユーロ売り円買い戻しが進んだ。ただその後、ダウ平均が再び強含み始めると128.10円台を回復した。
 他クロス円は、豪ドル円が23時過ぎにつけた81.41円を本日高値に一時80.84円まで売られ、カナダドル円も89.40円台から88.80円を割り込む場面があった。

 ユーロドルは伸び悩み。2時時点では1.1261ドルと24時時点(1.1261ドル)とほぼ同水準だった。米長期金利の上昇幅縮小に伴うドル売り戻しは続かず、1.3288ドルまで日通し安値を更新したポンドドルと供に上値が重かった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:112.99円 - 113.96円
ユーロドル:1.1258ドル - 1.1320ドル
ユーロ円:127.49円 - 128.67円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:11/30(火) 2:05

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング