IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京株式(前引け)=小幅続落、売り一巡後買い戻され一時プラス圏

11/29 12:04 配信

みんかぶFX

現在値
レーザテク28,025-50
東エレク61,310-280
任天堂54,780+1,490
郵船8,550-190
商船三井8,280-460

 29日前引けの日経平均株価は前営業日比5円13銭安の2万8746円49銭と小幅続落。前場の東証1部の売買高概算は7億505万株、売買代金概算は1兆5884億円。値上がり銘柄数は643、対して値下がり銘柄数は1443、変わらずは92銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、朝方はリスク回避の売りに押され日経平均は大幅続落でスタートしたが、売り一巡後は空売り買い戻しや値ごろ感からの押し目買いが入り、急速に下げ渋る展開となった。アジア株は総じて軟調な値動きだが、米株価指数先物が高く推移していることを受け安心感が広がり、ハイテク系の主力株中心に買いが優勢となった。取引時間中は一時プラス圏に切り返す場面もあったが、前引け時点ではわずかに前週末終値を下回って着地している。もっとも、中小型株には売りが目立ち値下がり銘柄数は値上がり銘柄数を800も上回っている。

 個別では売買代金トップのレーザーテック <6920> が朝安から大きく切り返し1500円超の上昇をみせたほか、東京エレクトロン <8035> も切り返し急となった。任天堂 <7974> も大きく上値を追った。日本郵船 <9101> 、商船三井 <9104> など海運株も買われた。シンプレクス・ホールディングス <4373> が急騰、ブイキューブ <3681> も値を飛ばした。日本電子 <6951> も高い。半面、三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> などメガバンクが軟調、オリエンタルランド <4661> も売られた。JR東海 <9022> なども安い。ジャステック <9717> が急落、中越パルプ工業 <3877> も大幅安。木村化工機 <6378> も大きく値を下げた。

出所:MINKABU PRESS

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:11/29(月) 12:04

みんかぶFX

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング