IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新興市場展望=ベンチャー相場展望:自律反発期待もメルカリ頼みの相場に厳しさ

11/27 8:02 配信

モーニングスター

現在値
メルカリ4,890---
そーせいG1,588---
BASE555---
フリー4,565---
Sアーツ7,470---

 東京市場全般に連動し、マザーズ指数も軟化してきている。主軸のメルカリ <4385> に支えられた動きだったが、地合いの悪化もあってメルカリが上げこじれていることで、市場全体の弱さが指数にも出てきてしまっている。IPO(新規上場)は復調傾向にあるものの、マザーズ主力はやや厳しい情勢となっている。

<早乗り早降り>

 マザーズ指数は週末にかけて値を崩し、1100ポイントに接近した。地合いの悪化に伴って、主力株の多くがリスク回避の売りに押されている。上げこじれているとはいえ、メルカリは最高値圏で推移しており、材料浮上を機にそーせいグループ <4565> が急騰したことも寄与するはずだが、BASE <4477> 、フリー <4478> など厳しい値動きとなる主力級銘柄が増えてきている。来週以降は自律反発の動きが期待されるものの、厳しい相場環境であり、売り圧力は強い。積極的に新興市場上場株を物色する地合いでもなく、早乗り早降りに徹する必要がありそうだ。

<IPO上向き>

 一方でIPOはこれから上場ラッシュの12月IPOがほぼ出そろった。大型案件も複数存在するが、足元では初値パフォーマンスが徐々に改善しつつある。24日上場のサイエンスアーツ(=サイエンスA) <4412> (情報通信)は久々の初値形成持ち越しとなり、18日上場のGRCS <9250> (サービス)などは初値形成後に上値追いとなった。来週はまだ2社の上場だが、ITインフラストラクチャ事業のボードルア <4413> (情報通信)は成長性豊かな案件。需給妙味はそこまで大きくないが、初値形成後の値動きにも注目できそうな案件だ。(小泉健太)

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:11/27(土) 8:02

モーニングスター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング