IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ゲーム株概況(10/28)】メタバース関連として注目集めたシリコンスタジオがS高 国内証券が目標株価引き上げの東映アニメも買われる

10/28 18:08 配信

Social Game Info

現在値
ガーラ272+2
シリコンS950+50
カドカワ5,800+140
東映アニメ15,480-160
フェイス640+12

10月28日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比278.15円安の2万8820.09円で取引を終えた。主要企業の7~9月期決算発表がスタートし、その内容を選別した売り物が広がった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ガーラ <4777> が大幅続伸したほか、シリコンスタジオ <3907> がストップ高まで買われた。シリコンスタジオは、本日(10月28日)発表した産業分野における「CG・ゲームエンジン活用」に関する実態調査において、メタバースについて触れていたことから、メタバース関連としてあらためて市場の物色を集める格好となったようだ。

また、KADOKAWA <9468> や東映アニメ <4816> も高い。東映アニメは、東海東京証券が投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を1万9000円から2万1170円に引き上げたことが株価の評価材料となったもよう。

半面、フェイス <4295> が下げ幅を拡大して5日続落となり、アクセルマーク <3624> やgumi <3903> 、ドリコム <3793> などが売られた。

大手ゲーム株ではコナミHD <9766> やスクウェア・エニックスHD <9684> がさえない。

Social Game Info

関連ニュース

最終更新:10/28(木) 18:08

Social Game Info

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング