IDでもっと便利に新規取得

ログイン

AMD、強気見通し示す-データセンター売上高は2倍余り増加

10/27 8:23 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 半導体メーカーの米アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)は力強い見通しを示した。特にサーバー向け半導体の市場シェア拡大が、供給タイト化の影響を補っていることが示唆された。   26日の発表によると、10-12月(第4四半期)の売上高は約45億ドル(約5100億円)プラスマイナス1億ドルとなる見通し。アナリスト予想平均は42億5000万ドルだった。同社は現在、従来予想を上回る勢いとなっており、2021年通期に65%の増収を記録する方向に進んでいると説明した。

7ー9月(第3四半期)のデータセンター売上高は前年同期の2倍余りとなった。

リサ・スー最高経営責任者(CEO)はアナリストとの会議で「データセンターは極めて好調で、強い需要がある」と指摘した。

同社は具体的な目標は明らかにしていないが、スーCEOは2022年の需要環境が力強いと予想していると述べた。パソコン(PC)市場は一部部品の供給上の制約で横ばいとなるが、ビデオゲーム機向け半導体の需要は増加するとの見通しを示した。

7-9月の純利益は9億2300万ドル(1株当たり75セント)。前年同期は3億9000万ドル(同32セント)だった。売上高は54%増の43億1000万ドル。

AMD株は時間外取引でほぼ変わらず。年初来では34%上昇している。

原題:AMD Gives Another Bullish Forecast; Data Center Sales Double (2)(抜粋)

(c)2021 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:10/27(水) 8:23

Bloomberg

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング