IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロッキードが決算受け大幅安 F-35の生産縮小を織り込む見通し示す=米国株個別

10/26 23:57 配信

みんかぶFX

 防衛のロッキード・マーチン <L> が商いを伴って大幅安。取引開始前に7-9月期決算(第3四半期)を発表し、1株利益は予想を上回ったものの、売上高は予想を下回った。通期見通しも公表しており、1株利益は上方修正したものの、売上高は下方修正した。

 今回のガイダンスはF-35戦闘機の生産縮小が業績にどのように影響するかを始めて垣間見せており、同社は2022年の減収を予想している。市場からは、同社が今後数年間の成長を1桁台前半と控えめな見通しとしていることは、F-35の生産計画の縮小を考慮すると、大きな驚きではないとの声も聞かれた。

(7-9月・第3四半期)
・1株利益(調整後):2.21ドル(予想:1.97ドル)
・売上高:160.3億ドル(予想:171.4億ドル)
・受注残:1348.5億ドル
・営業CF:19.4億ドル(予想:20.0億ドル)

(通期見通し)
・1株利益(調整後):22.45ドル(従来:21.95~22.25ドル)(予想:22.21ドル)
・売上高:670億ドル(従来:673~687億ドル)(予想:683.3億ドル)
・営業CF:83億ドル超(従来:89億ドル超)(予想:87.1億ドル)
・自社株買い枠を50億ドル追加

(NY時間10:46)
ロッキード・マーチン <L>  335.03(-41.30 -10.97%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:10/26(火) 23:57

みんかぶFX

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング