IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アジア株 総じて上昇、上海株は反発

10/25 18:29 配信

みんかぶFX

東京時間18:03現在
香港ハンセン指数   26132.03(+5.10 +0.02%)
中国上海総合指数  3609.86(+27.26 +0.76%)
台湾加権指数     16894.24(+5.50 +0.03%)
韓国総合株価指数  3020.54(+14.38 +0.48%)
豪ASX200指数    7441.00(+25.52 +0.34%)
インドSENSEX30種  60786.44(-35.18 -0.06%)

 25日のアジア株は総じて上昇。前週末の米国株が小動きで、週明けの米国株価指数先物の時間外取引でも小動きに終始したことで、アジア株は堅調ながらもおおむね小動きで推移した。原油高を背景にエネルギー関連株は上昇を見せた一方で、前週末のナスダックの下げがハイテク関連株の重石となった。上海株は反発。前日終値を挟んでのもみ合いが続いた後、終盤に上値を伸ばした。
   
 上海総合指数は反発。石油大手の中国石油天然気(ペトロチャイナ)、石炭エネルギー会社の中国神華能源(チャイナ・シェンファ・エナジー)、機器メーカーの国電南端科技、太陽光エネルギー関連メーカーの隆基緑能科技、自動車メーカーの長城汽車が買われた。酒造会社の貴州茅臺酒、調味料メーカーの佛山市海天調味食品が売られた。
   
 香港ハンセン指数は小幅続伸。医薬品メーカーの薬明生物技術(ウーシー・バイオロジクス)、保険会社の友邦保険控股(AIAグループ)、電気自動車(EV)メーカーのBYD(比亜迪)が買われる一方で、インターネット関連サービスの騰訊控股(テンセント・ホールディングス)、保険大手の中国平安保険、通信機器・部品メーカーの小米集団(シャオミ)が売られた。
   
 豪ASX200指数は小幅続伸。石油・ガス会社のウッドサイド・ペトロリアム、石油・ガス会社のサントス、石油・ガス会社のオリジン・エナジーが買われる一方で、決済サービス会社のアフターペイ、データセンターのネクストディーシーが売られた。

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:10/25(月) 18:29

みんかぶFX

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング