IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中ロ艦艇10隻が大隅海峡通過、防衛省確認-日本列島ほぼ1周

10/24 12:56 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 防衛省は23日、中国海軍とロシア海軍の艦艇10隻が鹿児島県の大隅海峡を通過し、東シナ海に向けて航行したことを確認したと発表した。

海上自衛隊が22日午後1時ごろ、高知県足摺岬の南約180キロメートル海域で10隻を発見。23日午前10時ごろには、長崎県男女群島の南南東約130キロメートルの海域で、中国のミサイル駆逐艦1隻の艦載ヘリの発着艦も確認した。

防衛省・自衛隊は情報収集や警戒監視を行ったほか、艦載ヘリの発着艦に対しては戦闘機を緊急発進させるなどの対応も実施した。

10隻は18日に津軽海峡を通過し、20日には千葉県の犬吠埼沖約130キロメートルまで接近しており、日本列島をほぼ一周した形だ。共同通信によると、防衛省が中ロの艦艇による大隅海峡の同時通過を確認したのは初めてという。

(c)2021 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:10/24(日) 12:56

Bloomberg

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング