IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューヨーク外国為替市場概況・24時 ドル円、持ち直す

10/22 0:05 配信

トレーダーズ・ウェブ

 21日のニューヨーク外国為替市場でドル円は持ち直した。24時時点では113.87円と22時時点(113.96円)と比べて9銭程度のドル安水準となった。米長期金利が低下に転じたことや米国株相場が下落して始まったことが相場の重しとなり、22時30分過ぎに一時113.65円まで値を下げた。ただ、米長期金利が上昇に転じるとドル円にも買い戻しが入り、113.96円付近まで持ち直している。
 なお、9月米景気先行指標総合指数は予想を下回った一方、9月米中古住宅販売件数は予想を上回るなど強弱入り混じる結果となったため、相場の反応は限られた。

 ユーロ円は下値が堅い。24時時点では132.61円と22時時点(132.68円)と比べて7銭程度のユーロ安水準。22時30分過ぎに一時132.37円と日通し安値を付けたものの、売り一巡後は徐々に下値を切り上げた。ドル円につれた動きとなった。

 ユーロドルはもみ合い。24時時点では1.1645ドルと22時時点(1.1643ドル)と比べて0.0002ドル程度のユーロ高水準だった。10月ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)は▲4.8と予想の▲5.0を若干上回ったものの、目立った反応は見られなかった。なお、22時以降の値幅は0.0016ドル程度だった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:113.65円 - 114.41円
ユーロドル:1.1631ドル - 1.1667ドル
ユーロ円:132.37円 - 133.37円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:10/22(金) 0:05

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング