IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米外為市場サマリー:米金利上昇を支えに114円30銭台で推移

10/19 7:51 配信

みんなの株式

 18日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=114円32銭前後と前週末に比べて10銭程度のドル高・円安。ユーロは1ユーロ=132円73銭前後と同20銭程度のユーロ高・円安だった。

 前週末に3年ぶりのドル高・円安水準をつけた反動に加え、この日に米連邦準備理事会(FRB)が発表した9月の鉱工業生産が前月比1.3%の低下と市場予想(0.2%程度の上昇)を下回ったことから、序盤はドル売り・円買いが優勢だった。ただ、米金融政策の早期正常化観測などを背景に米長期金利が上昇すると、日米金利差の拡大を見込んだドル買い・円売りが流入し、114円30銭台に強含む動きとなった。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1610ドル前後と前週末に比べて0.0010ドル弱のユーロ高・ドル安だった。



出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

みんなの株式

関連ニュース

最終更新:10/19(火) 7:51

みんなの株式

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング