IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧州外国為替市場概況・20時 ポンド、買い優勢

10/19 20:07 配信

トレーダーズ・ウェブ

 19日の欧州外国為替市場でポンドは買い優勢。次回11月会合で市場の利上げ確率が8割まで上昇するなど利上げ期待からポンドが全面高の展開に。対ドルで1.3832ドルと9月16日以来、対円で2016年6月以来の高値となる157.89円、対ユーロで0.8430ポンドまでポンド高が進んだ。

 ドル円は下値が堅い。20時時点では114.16円と17時時点(114.03円)と比べて13銭程度のドル高水準だった。113円台での押し目買い意欲の強さを確認すると徐々に下値を切り上げた。時間外の米10年債利回りが低下幅を縮めるにつれて114.10円台まで持ち直した。

 ユーロ円は底堅い。20時時点では133.10円と17時時点(132.88円)と比べて22銭程度のユーロ高水準だった。ポンドや時間外のダウ先物の上昇を支えに円売り・ユーロ買いが強まり、一時133.16円まで上値を伸ばした。

 ユーロドルは20時時点では1.1659ドルと17時時点(1.1653ドル)と比べて0.0006ドル程度のユーロ高水準だった。リスクオンの流れに乗って1.1669ドルまで上昇したが、ユーロポンドの下落や米長期金利の上昇を背景に一巡後はやや上値を切り下げた。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:113.88円 - 114.35円
ユーロドル:1.1609ドル - 1.1669ドル
ユーロ円:132.63円 - 133.16円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:10/19(火) 20:07

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング