IDでもっと便利に新規取得

ログイン

週明けのドル円は調整含みも、焦点は引き続き来月のFOMC=東京為替前場概況

10/18 11:36 配信

みんかぶFX

 東京午前のドル円は114円前半で円売り・ドル買いが一巡。一時114.02円付近まで軟化した。先週末につけた114円半ばの高値からやや調整している。一連の中国経済指標はあまり材料視されていない。

 来月の米連邦公開市場委員会(FOMC)でコロナ後の金融政策の正常化が始まる見通しとなっていることがドル円を引き続き支えている。日本の場合は追加緩和の有無が引き続き焦点で、正常化の時期が不明であることが対主要通貨で円安を後押し。

 ドル円と同様にクロス円も上げ一服。先週にかけて上昇が続いていたものの、週明けは調整が中心となっている。ユーロ円は132.15円付近、ポンド円は156.61円付近、豪ドル円は84.50円付近まで弱含み。NZのインフレ高進で81.22円付近まで一時上昇したNZドル円は80円後半で推移し、上げ幅を解消している。

MINKABU PRESS

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:10/18(月) 11:36

みんかぶFX

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング