IDでもっと便利に新規取得

ログイン

北朝鮮、「全面的な非核化とは矛盾する」活動継続-米国防情報局

10/17 9:05 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米国防情報局は15日、北朝鮮の核施設で「全面的な非核化とは矛盾する」活動が引き続き見られていると報告書で指摘した。

寧辺の核施設などの分析から結論を導き出した。米情報機関がトランプ前大統領に報告していたものと同様の内容となっている。トランプ氏は北朝鮮の金正恩総書記との首脳会談を通じた外交政策を追求していた。

今回の報告書では、北朝鮮が2017年を最後に核実験を行っておらず、大量破壊兵器(WMD)インフラの一部を「可逆的には」廃棄していると分析した。

国防情報局は金総書記が近年、「核兵器で米国を含む離れた敵を攻撃できる方法の開発および示威に重点を置いている」と指摘。地上発射および潜水艦発射の弾道ミサイルや核兵器、無人航空機、サイバー空間での攻撃能力などを開発・強化する「抑止と強制」に照準を定めた北朝鮮の戦略を反映したものだと分析している。

北朝鮮は今や衛星利用測位システム(GPS)や妨害装置など電子戦争や宇宙での妨害行為の能力を有しており、周回中の衛星を弾道ミサイルで理論的には妨害し得るとしている。

原題:Pentagon Spies Say North Korea’s Kim Still Pursues Nuclear Arms(抜粋)

(c)2021 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:10/17(日) 9:05

Bloomberg

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング