IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前場コメント No.1 247、アララ、良品計画、キャンドゥ、クリレスHD、ファストリ

10/15 11:37 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
24セブン1,025-60
アララ813-18
良品計画1,947-50
キャンドゥ2,302-8
イオン2,701.5-26.50

★9:00  247-買い気配 通期営業赤字縮小見込む 3Q累計は営業黒字転換
 トゥエンティフォーセブン<7074>が買い気配。同社は14日に、従来未定としていた21.11期通期の営業損益予想を0.8億円の赤字(前期は10.1億円の赤字)にすると発表した。

 主力事業である「24/7Workout」においては、感染拡大の影響が長期化しているなかでも効率性を重視してのWeb集客に注力したものの、2Q期以降、新規顧客の獲得が低迷した。一方で、人件費、広告宣伝費、地代家賃の抑制を中心に、売上高水準に応じたコントロールを徹底したことで、2Qに続き、3Qにおいても営業黒字を継続、また、3Q累計期間においても営業黒字に回復したことを踏まえた。

 21.11期3Q累計(12-8月)の営業損益は0.6億円の黒字(前年同期は10.3億円の赤字)だった。

★9:00  アララ-売り気配 今期営業益1.7億円見込む 前期は3.1億円
 アララ<4015>が売り気配。同社は14日に、22.8期通期の営業利益予想は1.7億円と発表した。22.8期の期首より「収益認識に関する会計基準」などを適用するため、前期比較はできない。

 21.8期はキャッシュレス消費者還元事業関連による一時的な収益押し上げ効果が発生していた。成長戦略に併せたM&A推進コストも想定している。

 21.8期通期の営業利益は3.1億円(前の期比2.2倍)だった。キャッシュレスサービス事業が、キャッシュレスに対するニーズは堅調に推移し、顧客数、累計エンドユーザー数ともに増加したことで、大幅な増益となったことが寄与した。

★9:00  良品計画-売り気配 今期営業益6%増見込む 市場コンセンサス下回る
 良品計画<7453>が売り気配。同社は14日、22.8期通期の連結営業利益予想を450.0億円(前期比6.0%増)だと発表した。市場コンセンサスは491.2億円。

 価格改定を軸とした顧客層の拡大および日本、中国大陸の出店強化を軸に増収増益の見通しながら、保守的な計画だとしている。

 21.8期通期の連結営業利益は424.5億円だった。なお、20.8期は決算期変更により、2020年3月1日から2020年8月31日までの6カ月決算となっているため、対前期増減率については、記載していない。過去の連結期間を参考値として組み換えした前期比では、前の期比2.5倍だった。価格改定や食品が好調だったほか、販管費の抑制などが寄与した。

★9:01  キャンドゥ-買い気配 イオンが同社株を1株2700円でTOB 上場は維持
 キャンドゥ<2698>が買い気配。イオン<8267>は14日、同社の普通株式を公開買い付け(TOB)により取得すると発表した。

 買い付け価格は1株当たり2700円。買い付け期間は10月15日から11月24日。買い付け予定数は5931万6100株で同数を上限とする。下限は314万1000株。TOB成立後も上場は維持する方針。なお、同社は今回のTOBについて、応募するか否かについては中立の立場をとり、株主の判断に委ねるとコメントした。

この発表を受け、イオンも事業拡大を好感した買いが優勢となっている。

★9:01  クリレスHD-買い気配 通期営業損益予想を上方修正 コスト構造転換が定着 上期は73億円の黒字
 クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387>が買い気配。同社は14日、22.2期通期の連結営業損益予想(IFRS)を従来の55億円の黒字から108億円の黒字(前期は142億円の赤字)に上方修正すると発表した。

 緊急事態宣言の延長などにより売り上げは想定を下回るものの、筋肉質なコスト構造への転換が完了し、これが定着していることから見通しを引き上げた。

 22.2期上期(3-8月)の連結営業損益は73億円の黒字(前年同期は98億円の赤字)だった。

★9:02  ファストリ-3日ぶり反落 今期営業益8%増見込む 市場コンセンサス下回る
 ファーストリテイリング<9983>が3日ぶり反落。同社は14日、22.8期通期の連結営業利益予想(IFRS)を2700億円(前期比8.4%増)だと発表した。市場コンセンサスは2953億円。

 足元で発生している新型コロナウイルス感染症による行動規制や臨時休業などの影響が一定程度継続することに加え、生産遅延、輸送遅延の影響を一部見込んでいる。

 21.8期通期の連結営業利益は2490億円(前の期比66.7%増)だった。新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受け、業績が大幅に低下した前の期に対し、ユニクロ事業を中心に業績が回復した。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:10/15(金) 11:37

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング