IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経平均は285円高と3日ぶり大幅反発、時間外での米先物の上昇や上海の下げ渋りで堅調推移=14日前場

10/14 11:44 配信

モーニングスター

現在値
ヤマハ7,200-60
任天堂48,210-940
オリンパス2,515-10
HOYA17,205-75
信越化19,700+220

 14日前場の日経平均株価は、前日比285円62銭高の2万8425円90銭と3日ぶりに大幅反発して取引を終了。きのう13日に上げ幅を縮小するなど、しっかりした展開となっていたことや、現地13日の米国市場でナスダック総合指数が4日ぶりに反発したことを支えに、買いが先行した。株価指数先物に断続的な買いが入ったことをキッカケに、上げ幅を拡大。午前9時30分には、同362円46銭高の2万8502円74銭を付ける場面もあった。時間外取引で米株価指数先物が上昇し、中国・上海総合指数も下げ渋る動きをみせていることから、堅調な値動きとなったようだ。

 為替市場では、ドル・円が1ドル=113円50銭前後(13日は113円57-58銭)と、朝方の水準と比べ、やや円安方向にある。東証1部の出来高は6億1266万株、売買代金は1兆3326億円。騰落銘柄数は値上がり873銘柄、値下がり1198銘柄、変わらず112銘柄だった。

 市場では「日経平均株価は、13週移動平均線(2万8520円)が当面のターゲットとして意識されそうだ」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、ヤマハ <7951> 、任天堂 <7974> などのその他製品株や、オリンパス <7733> 、HOYA <7741> などの精密機器株が上昇。信越化 <4063> 、花王 <4452> などの化学株や、ソニーG <6758> 、キーエンス <6861> などの電機株も高い。アサヒ <2502> 、JT <2914> などの食料品株や、武田薬 <4502> 、中外薬 <4519> などの医薬品株も堅調。オリエンタルランド(OLC) <4661> 、リクルートH <6098> などのサービス株や、7&iHD <3382> 、ファーストリテ <9983> などの小売株も上げている。東証業種別指数は33業種のうち、14業種が上昇、18業種が下落、変わらずが1業種だった。

 個別では、サイゼリヤ <7581> 、サインポスト <3996> 、吉野家HD <9861> 、ローツェ <6323> 、東都水 <8038> などが上昇。半面、セラク <6199> 、ベル24HD <6183> 、トレファク <3093> 、前沢工 <6489> 、アステナHD <8095> などが下落した。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:10/14(木) 11:44

モーニングスター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング