IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今日の株式見通し-軟調か 長期金利上昇を嫌気して米国株が大幅安

9/29 8:37 配信

トレーダーズ・ウェブ

 東京市場は軟調か。米国株は下落。ダウ平均は569ドル安の34299ドルと値幅を伴った下げとなった。長期金利の上昇に勢いがついたことで、アルファベットやマイクロソフトなど、主力のグロース株が大幅下落。金利上昇が追い風となる金融株なども売られ、ほぼ全面安の展開となった。為替市場では一段とドル高・円安が進み、ドル円は足元で111円50銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて400円安の29520円、ドル建てが335円安の29585円で取引を終えた。

 本日は9月の権利落ちで、見た目の水準は押し下げられる。これまで先物との間で発生していたかい離は解消するため、先物に近い29500円近辺からのスタートが想定される。米国株が金利の上昇に対して神経質に反応したため、日本株もこの動きを警戒して幅広い銘柄が売られることになるだろう。ただ、売り一巡後は自民党総裁選をにらんで下げ渋ると予想する。決選投票になると見られており、取引時間中には結果が判明しないかもしれないが、新しいリーダーが決まった後は、政治の変化への期待が高まりやすい。かなりの下振れスタートが想定されるため、マイナス圏での推移にはなるとみるが、前場と後場では雰囲気が大きく変わる可能性もある。日経平均の予想レンジは29500円-30000円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:9/29(水) 8:37

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング