IDでもっと便利に新規取得

ログイン

香港寄り付き:朝安後に上げ、中国恒大集団の債務危機への懸念残るも買い戻し広がる

9/27 10:52 配信

トレーダーズ・ウェブ

 週明け27日の香港市場でハンセン指数は安く寄り付いた後、上昇に転じた。中国による企業統制の強化に対する警戒が続く中、中国恒大集団(03333)の債務危機への懸念が引き続き投資家心理を冷やしているが、値ごろ感の出た銘柄を買い戻す動きも広がっているもよう。

 指数は日本時間午前10時50分現在、前営業日比0.37%高の24280.68ポイントで推移している。個別では、中国石油メジャーのCNOOC(00883)が大幅高。乳製品大手の中国蒙牛乳業(02319)や医薬品株の石薬集団(01093)、保険株の中国平安保険(02318)などもしっかり。半面、スポーツ用品大手の李寧(02331)や安踏体育用品(02020)が安い。マカオカジノ株のサンズ・チャイナ(01928)や銀河娯楽(00027)のほか、不動産株の龍湖集団(00960)などもさえない。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:9/27(月) 10:57

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング