IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コピーライター直伝! 文章が驚くほど上手く、ラクに書けるようになる「絶対ルール」とは?

9/27 6:01 配信

ダイヤモンド・オンライン

 「仕事ができる人は、一文が短い」「一文を60字以内にすれば、書き手も読み手もラクになる」。そう話すのは、コピーライターとして30年以上活躍し続ける田口まこ氏だ。花王、ライオンなどのトイレタリー商品、資生堂、カネボウ、ポーラなどの化粧品を中心に、多数の広告コピーを手がけてきた。その田口氏が、伝わる・結果が出る文章をラクに書くコツを紹介した『短いは正義 ~60字1メッセージで結果が出る文章術』が9月29日に発売となった。メール、チャット、企画書、営業・プレゼン資料、報告書など、さまざまな場面に生きる、シンプルだけど効果抜群の文章術とは? 今回は、本書の内容を一部抜粋して紹介する。

● 文章の基本は「一文一意」

 複数の要素を一文に盛り込むと、文章が長く複雑になり、結局どのメッセージも伝わりません。まじめで誠実な人ほど、経緯も理由もすべてていねいに盛り込もうとする傾向にあります。伝えたい気持ちが、空回りしているのです。

 冷静に考えてください。すべてを一文で一気に伝える必要はありません。一文一意という言葉がありますが、ワンセンテンスで語るメッセージは1つだけでいいのです。

 ここで言うメッセージとは、伝えなければいけない「情報」のことです。多くの情報を伝えなければいけない場面もあるでしょう。そんなときも、一文に1つずつ分けて書けばいいのです。たとえば、次のようなイメージです。

 【before】このマスカラは、髪を内側からケアするヘアトリートメント「〇〇」の美髪成分を贅沢に配合し、まつ毛をボリュームアップしながら、しっかりケアをしてくれる1本で2役のアイテムなんです。

 【After】このマスカラは、ヘアトリートメント「〇〇」の美髪成分を贅沢に配合。まつ毛をしっかりケアします。さらに、ボリュームアップも叶える、1本で2役のアイテムなんです。

 文章が上手な人であれば、一文に複数の情報を入れてもわかりやすく書けるかもしれません。しかし、基本は一文一意です。文は、シンプルであるほどわかりやすいからです。

 「ワンセンテンス・ワンメッセージ」を常に意識しましょう。これさえ守っていれば、読みやすく短い文が必ず書けます。

 (本原稿は、田口まこ著『短いは正義 ~60字1メッセージで結果が出る文章術』からの抜粋です)

ダイヤモンド・オンライン

関連ニュース

最終更新:9/27(月) 6:01

ダイヤモンド・オンライン

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング