IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新興国eye>前週のインド株、米金融緩和継続を好感し、5週続伸=BRICs市況

9/27 10:33 配信

モーニングスター

 前週(20-24日)のインド株式市場で、代表的株価指数SENSEX指数の24日終値は前日比0.27%高の6万48.47、週間ベースでは17日終値比1.75%高となり、5週続伸した。
 
 週明け20日の指数は続落して始まった。不動産開発大手の中国恒大集団のデフォルト(債務不履行)懸念で海外市場が下落したことが嫌気された。
 
 21日は反発。恒大集団の会長が国内の建設需要が急激に悪化することはないと発言したことを好感し、海外市場が堅調となり、インド市場でも買い安心感が広がった。
 
 22日は小反落。FOMC(米連邦公開市場委員会)を目前に控え、様子見ムードとなった。
 
 23日は再び反発、週末24日も値を上げ、続伸した。
 
 23日は、FOMCで、FRB(米連邦準備制度理事会)が政策金利と量的金融緩和(QE)を据え置いたことを好感し、買い優勢となった。
 
 24日は、国内でワクチン接種が急速に進んで第3波感染拡大懸念が後退し、買い安心感が広がった。指数は過去最高値を更新した。
 
 今週(9月27日-10月1日)のインド市場は、デルタ株感染拡大やワクチン接種の動向、世界経済、特に米・中・欧の景気動向、米中関係、原油価格の動向、インド国内の景気動向、主要企業の四半期決算などが注目される。主な経済指標の発表は30日の8月財政収支と8月インフラ部門生産高、1日の9月日経製造業PMI(購買担当者景気指数)など。
 
<関連銘柄>
 上場インド <1549> 、インドNIF <1678> 、インドブル <2046>
 インドベア <2047> 、iSエマジン <1582>
 
(イメージ写真提供:123RF)
 

モーニングスター

最終更新:9/27(月) 10:33

モーニングスター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング