IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<特集>アフターコロナに備える(1)=ワクチン接種進展、行動規制は緩和へ

9/26 8:51 配信

モーニングスター

 ワクチン接種の進展などを背景に、新型コロナウイルスの感染者数が減少に転じている。23日に確認された感染者数は東京都が531人と8日連続で1000人を下回り、全国では3604人となっている。東京都によれば、23日時点の入院患者は1943人と、7月13日以来、およそ70日ぶりに2000人を下回った。今後は行動制限の緩和が進むとみられ、停滞していた経済活動や人流の回復が予想される。

 政策面でも追い風が期待できる。自民党総裁選の4候補はともに、感染収束後に「Go To トラベル」の再開を目指す考えを打ち出しており、打撃の大きかった旅行・レジャーなどの観光・サービス業、陸運・空運などの運輸業界などへのテコ入れが期待される。

 また、手控え要因の一つだった米国のFOMC(米連邦公開市場委員会)も21日に終了。次回11月の会合でテーパリング(金融緩和策の縮小)の開始を決定する方針が示唆されたほか、利上げ開始の時期については従来の23年から22年に前倒しされた。ビッグイベントの通過で、投資家は動きやすくなった。予断を許さないではあるものの、金融市場を揺さぶった中国の大手不動産、恒大集団の経営不安問題も、足元は落ち着いている。

 「コロナ後」を見据えた銘柄をマークするタイミングと言えそうだ。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:9/26(日) 8:51

モーニングスター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング