IDでもっと便利に新規取得

ログイン

社債利払い、猶予期間に=経営危機の中国恒大

9/24 5:00 配信

時事通信

 【北京時事】経営危機に陥っている中国不動産開発大手の中国恒大集団は、23日に期日を迎えたドル建て社債の利払いができなかったもようだ。中国当局がデフォルト(債務不履行)回避を指示したと伝えられる中、未払いがデフォルトと判断されるまでの30日間の猶予期間内に、同社がどのような対応を打ち出すかに注目が集まっている。
 恒大はドル建て社債の利息8350万ドル(約92億円)を支払えなかったとみられるが、正式な発表はない。ロイター通信によると、債権者の一部は期日内の利払いを期待していないという。
 一方、米ブルームバーグ通信は消息筋の話として、中国の規制当局が恒大に対し、ドル建て社債のデフォルトを当面回避するよう指示したと報じた。建設中の不動産物件の完成や個人投資家への返金も求めたという。 

時事通信

関連ニュース

最終更新:9/24(金) 8:08

時事通信

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング