IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アジア株 上昇、休場明けの香港株も買われる

9/23 18:14 配信

みんかぶFX

東京時間18:04現在
香港ハンセン指数   24510.98(+289.44 +1.19%)
中国上海総合指数  3642.22(+13.73 +0.38%)
台湾加権指数     17078.22(+152.40 +0.90%)
韓国総合株価指数  3127.58(-12.93 -0.41%)
豪ASX200指数    7370.22(+73.27 +1.00%)
インドSENSEX30種  59727.60(+800.27 +1.36%)

 23日のアジア株は上昇。中国の不動産大手、中国恒大集団の経営不安が一服したことや、前日の米FOMCを無難に通過できたことなどが背景。休場明けの香港市場でハンセン指数は1.19%高で引けた。上海総合指数や豪ASX200指数は続伸。
   
 上海総合指数は小幅続伸。序盤に1.15%高となったが、次第に上げ幅を縮小。プラス圏は維持して引けた。調味料製造の佛山市海天調味食品、鉄鋼製品メーカーの内蒙古包鋼鋼聯、電力インフラの中国電力建設などが上昇をけん引。資源大手の中国石油天然、銀行の招商銀行、自動化機器の国電南瑞科技などが下落。
   
 香港ハンセン指数は休み明け続伸。IT関連大手のテンセント・ホールディングス、銀行大手のHSBCホールディングス、中国建設銀行などが上昇。通信機器の小米集団、自動車メーカーの吉利汽車控股、スポーツウェアの李寧などが下落。

 豪ASX200指数は続伸。銀行大手のCBA、マッコーリー、ANZグループなどが上昇。カンタス航空も買われた。一方で、資源関連のBHPグループ、総合小売のウールワース・グループなどが下落。

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:9/23(木) 18:14

みんかぶFX

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング