IDでもっと便利に新規取得

ログイン

債券と相関性強い米株式銘柄、1992年以来の割高水準-バーンスタイン

9/22 10:28 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米株式市場では極めて低い債券利回りのおかげで好調な銘柄が、少なくとも1992年以来の割高水準にあるとサンフォード・C・バーンスタインが警告を発した。ウォール街の資金が殺到している取引に乗るため運用担当者がインフレの脅威を無視している兆しだという。

今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)ではテーパリング(資産購入の段階的縮小)を巡る議論が進むとみられており、こうした動きは米国債市場を覚醒させる可能性がある。

米金融当局11月にテーパリング発表、23年利上げ開始か-調査

最近数カ月はテクノロジー株が復調基調にある中で、債券と最も強い相関関係を持つ米国株は市場全体より30%割高だとバーンスタインのクオンツチームは分析。サラ・マッカーシー氏らストラテジストはリポートで、「ポートフォリオマネジャーにとっての大きなリスク」であり、「インフレが大方の当初予想より広範かつ持続する可能性を示す多くの指標がある」と指摘した。

原題:Bernstein Quants Warn of Extreme Valuations for Bond-Tied Stocks(抜粋)

(c)2021 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:9/22(水) 10:28

Bloomberg

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング