IDでもっと便利に新規取得

ログイン

年収300万円の人の平均貯蓄額はいくら?

9/21 8:10 配信

あるじゃん(All About マネー)

働き始めの多くが年収300万円程度といわれています。この年収300万円の人はどの程度貯金ができているのでしょうか? 金融広報中央委員会が調査した「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査2020年)」のデータから、年収300万円の人の平均貯蓄をみてみましょう。

◆年収300万円で平均貯蓄800万円?

表は単身世帯での年収階層別の貯蓄額の平均と中央値です。中央値とは金額の少ない順に並べたとき、真ん中に位置する人の金額。平均値よりは実態に近い金額を表します。

また、この調査でいう貯蓄とは、運用のためまたは将来に備えて蓄えている部分とされていて、土地・住宅・貴金属等の実物資産、現金、預貯金で日常的な出し入れ・引落しに備えている部分は除いています。つまり、将来のために貯めているお金という位置づけです。

全世帯の貯蓄保有額は平均653万円、中央値は50万円とのこと。そのうち、年収300万円未満世帯で貯蓄平均788万円、中央値191万円。年収300~500万円未満では、平均958万円、中央値367万円となっています。

ということは、年収300万円の平均貯蓄はおよそ800万円程度と考えることができます。

◆平均貯蓄:20歳代203万円、30歳代484万円

次に年齢別に貯蓄状況をみてみます。表は年齢層別の貯蓄額の平均と中央値、そのうち年収300万円未満、年収300~500万円未満の貯蓄状況です。

20歳代では全体の平均貯蓄は203万円、中央値は81万円、30歳では平均484万円、中央値206万円と順調に貯蓄が増えています。40歳代以降も順調に増えており、60歳代では平均1872万円、中央値860万円までになっています。

◆20歳代年収300万円未満:貯蓄平均76万円、中央値5万円

年収300万円未満の層をみると、20歳代では貯蓄平均76万円、中央値5万円となっており、やっと貯め始めたところという状態。30歳代以降も平均は順調に上がっています。

ここで注目したいのが中央値。20歳代5万円、30歳代20万円、40歳代10万円、50歳代ではなんと0円、60歳代で280万円。この数字はかなり厳しい結果ではないでしょうか。60歳までの全ての年齢層で、年収300万円未満の大半は貯蓄が10万円かそれより少ないということです。

◆30歳代年収300~500万円未満:貯蓄平均329万円、中央値187万円

年収300~500万円未満の貯蓄状況をみると、20歳代で平均164万円、中央値57万円、30歳代で平均329万円、中央値187万円となっています。年収300万円未満よりは増えており、全体に近い値になっています。年収300~500万円未満の人の多くは20歳代、30歳代で占められているからでしょう。

◆年収300万円の平均貯蓄は20代100万円、30代200万円程度?

年収300万円未満の単身世帯の平均貯蓄額が788万円と予想よりかなり高い金額が出て驚きました。しかし、これらの多くは60歳代が高額な貯蓄をしており、そのために平均が引き上げられたことがわかりました。

年収300万円未満の世帯で一番多い年齢層は20歳代となっています。そこで、20歳代の貯蓄に注目すると、平均貯蓄は年収300万円未満で76万円、300~500万円未満で164万円とのこと。20歳代では年収300万円で平均貯蓄は100万円程度というところでしょうか。

そして、30歳代の平均貯蓄は年収300万円未満で141万円、300~500万円未満で329万円。30歳代での年収300万円の平均貯蓄はおよそ200万円と予想されます。

平均値では、年収300万円世帯でもしっかりと貯蓄を貯めていることがわかりました。ただし、これらは平均で中央値は数十万円というところでしょう。

年収300万円世帯は貯めにくい状態ではあるものの、ちゃんと貯蓄できている人たちもいます。まずは積み立てなどで貯蓄を増やしていきたいものです。

文:福一 由紀(マネーガイド)

あるじゃん(All About マネー)

関連ニュース

最終更新:9/21(火) 8:10

あるじゃん(All About マネー)

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング