IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔NY外為〕円、109円台前半(21日朝)

9/21 22:36 配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】21日午前のニューヨーク外国為替市場では、この日から始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて円買い・ドル売りの流れが継続し、円相場は1ドル=109円台前半で強含んでいる。午前9時現在は109円25~35銭と、前日午後5時(109円33~43銭)比08銭の円高・ドル安。
 ニューヨーク市場は、109円39銭で取引を開始した。米商務省が朝方発表した8月の住宅着工件数は前月比3.9%増加の161万5000戸。市場予想を上回ったが、円相場への影響は限定的だった。
 市場の関心は21、22両日開催のFOMC声明に向かっている。年内のテーパリング(量的緩和縮小)開始に向けて新たな示唆があるかどうかなどが焦点。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1735~1745ドル(前日午後5時は1.1722~1732ドル)、対円では同128円25~35銭(同128円21~31銭)と、04銭の円安・ユーロ高。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:9/21(火) 23:29

時事通信

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング