IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔米株式〕NYダウ急落、一時970ドル超安=中国企業経営危機で(20日)☆差替

9/21 5:33 配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】週明け20日のニューヨーク株式相場は、中国不動産企業の経営危機が嫌気されてリスク回避の動きが強まり、急落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前週末終値比614.41ドル安の3万3970.47ドルで終了した。下げ幅は一時970ドルを超えた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前営業日比21億3187万株減の12億1671万株。
 巨額債務を抱える中国不動産開発大手、中国恒大集団の経営危機が及ぼす影響をめぐり、市場では急速に懸念が高まった。この日は世界的に株価が下落。米市場でも寄り付きから売り込まれ、主要株価指数は軒並み大幅安となった。
 今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)開催を控える中、利上げ前倒しへの警戒感がある中、増税案、米連邦債務上限引き上げに関する与野党対立も弱材料視された。リスク回避の動きが強まり、長期金利は低下し、安全資産とされる金や円は買われた。
 市場では「(中国恒大集団の問題が)米企業に直接与える影響はそれほどないと思うが、数日で終わる感じではない」(日系証券)との指摘が聞かれた。
 幅広い銘柄が売られる中、業種別では、エネルギー、金融、一般消費財、素材、ITの下げがきつかった。
 個別銘柄では、キャタピラーが4.5%安。化学大手ダウとウォルト・ディズニーがそれぞれ2.7%安。ゴールドマン・サックス・グループが3.4%安、JPモルガン・チェースが3.0%安。アップルは2.1%安。
 一方、メルクは0.4%高。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:9/21(火) 6:27

時事通信

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング