IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<米国株情報>ファイザー、ブースターによりワクチンの有効性95%に回復と

9/17 10:16 配信

モーニングスター

現在値
NF NASDAQ-10017,480+380
NF NYダウ30種39,000+850
P500米株5,530+110
P500 ETF50,800+1,150
SAM NYダウETF35,100+650

 医薬品大手ファイザー<PFE>が15日にFDA(米食品医薬品局)に提出したイスラエル保健省が実施した臨床(経過観察)結果によると、3回目の接種でワクチンの有効性(予防効果)がデルタ株に対しても約95%にまで高められるという。

 FDAが同日、ファイザーのデータを公開したもので、18歳から55歳までの306人を対象に2回目の投与から6カ月後にブースター(追加)投与を行った経過観察の結果、ワクチンの有効性が約95%に回復し、安全性についても問題はないとした。ただし、イスラエルの調査結果は正式な臨床試験の水準では行われていない。

 現在、ファイザーはFDAに対し、ブースターを16歳以上に投与する方向で使用許可を申請している段階で、FDAは17日のワクチン・関連生物製剤に関する諮問委員会で審査する予定。バイデン政権は月内のブースター接種の開始を目指しており、FDAへの承認圧力が強まっている。

 一方、バイオ医薬品大手モデルナ<MRNA>は15日、異なる時期の2回の接種を終えた被験者でブレークスルーの発生率を比較した結果、20年12月から21年3月までに2回目の接種を終えた1万1431人のうち、ブレークスルーは全体の1%未満の88人だったのに対し、20年7-10月に2回目の接種を終えた1万4746人のうち、ブレークスルーは全体の1%超の162人となったと明らかにした。早い時期に2回の接種を終えた人は有効性が時間の経過とともに低下していることからブースターワクチンの必要性が確認されたとしている。

<関連銘柄>
 NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547>
 SPD500 <1557> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040>
 NYダウベア <2041>

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:9/17(金) 10:16

モーニングスター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング