IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オンコリスバイオファーマ株式会社(4588 Mothers)2025年以降には、大きな飛躍が待っている

9/13 9:46 配信

アイフィス株予報

現在値
オンコリス1,159+29

オンコリスバイオファーマ株式会社<4588>2025年以降には、大きな飛躍が待っている

【浮かび上がる将来像】
テロメライシン®は、さまざまながん種で、複数の併用療法の治験活動が検討・展開されてきたが、次第に、その本流が明らかになりつつある。当面の最前線は、食道がんであり、放射線併用療法から実用化され、最終的には、放射線化学療法(CRT)との併用療法が柱となっていくと考えられる。食道がんや胃がんなど消化器系がんのStageⅣでは、免疫チェックポイント阻害剤との併用が開発中だが、抗PD-1抗体を軸とした開発になろう。第2の本流は、食道がん同様にアジアに患者が多い肝細胞がんであり、テセントリク®とアバスチン®との併用療法である。現在、中国圏に関するライセンスアウトに注力しているが、総額として大きな導出額が期待できる。第3の本流として期待されるのは、頭頸部がんを対象とした免疫チェックポイント阻害剤との併用療法と考えられる。2025年には、最初の承認(食道がんRT併用療法)を取得し、その後次々と適応拡大していく姿が想像できよう。
同じ時期(2025年~2026年)には、新型コロナウイルス感染症治療薬OBP-2011の申請/上市も浮上してくると予想する。OBP-2011は、経口投与可能であり、各種変異株にも有効で、他の治療薬とも併用可能な特徴を持つ。そして、このころには、第2世代のテロメライシンであるOBP-702や、難病の多い神経変性症分野で根本的な治療に資すると期待されるOBP-601が後期臨床段階に入り、次々と提携導出が出現する時期になってくることが予見できる。オンコリスバイオファーマ社の中期的な将来像が、より鮮明になってきている。

アイフィス株予報

関連ニュース

最終更新:9/13(月) 9:46

アイフィス株予報

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング