IDでもっと便利に新規取得

ログイン

20日の株式相場見通し=反発か、不安材料山積ながら下げ過ぎの反動

8/20 8:00 配信

みんなの株式

現在値
トヨタ2,040+46.50
CNS1,722-27
フュチャL2,247-92

 20日の東京株式市場は、日経平均が前日終値近辺で底堅さを発揮し反発する可能性がある。新型コロナウイルスのインド型変異株であるデルタ株の感染拡大への懸念が拭えないなか、経済活動の正常化が遅れるとの思惑が投資家心理を冷やしている。秋の総選挙を前に政局不安も意識され、目先は22日の横浜市長選の投開票の結果を見極めたいとのニーズも見送りモードにつながりやすい。ただ、今週に入ってから日経平均は700円近い下げをみせていることから下値抵抗力を発揮しそうだ。前日の米国株市場ではNYダウが小幅ながら3日続落した。7月のFOMC議事録でテーパリングが年内にも行われる可能性が高まったとの見方が引き続き買いを手控えさせている。WTI原油先物価格が連日急落していることを背景にエクソン・モービル <XOM> が3%超の下落、シェブロン <CVX> も2.5%安と大きく売られたことなども地合いを悪くした。ただ、NYダウは下値では押し目買いが入り、途中プラス圏に浮上する場面もあった。ハイテク株比率が高いナスダック総合指数やS&P500指数はプラス圏で引けている。東京株式市場では前日の取引終盤にトヨタ自動車 <7203> が9月の世界生産を4割削減するとの報道で急落、日経平均も急速に下げ幅を広げ300円超の下げとなったが、先物主導の下げで、きょうは突っ込み警戒感からの買い戻しが見込まれる。

 19日の米国株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比66ドル57セント安の3万4894ドル12セントと3日続落。ナスダック総合株価指数は同15.875ポイント高の1万4541.789だった。

 日程面では、きょうは7月の全国消費者物価指数(CPI)、7月の主要コンビニエンスストア売上高、7月の食品スーパー売上高など。また、シイエヌエス <4076> とフューチャーリンクネットワーク <9241> が東証マザーズ市場に新規上場する。

出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

みんなの株式

関連ニュース

最終更新:8/20(金) 8:00

みんなの株式

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング