IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明日の米雇用統計は素直な反応か=NY為替

8/6 0:48 配信

みんかぶFX

 ドル円はNY時間に入ってやや買い戻しの動きが優勢となっており、109.75円付近まで上昇している。100日線が109.60円付近に来ており、その水準を上回る動きが見られている。本日の21日線が109.90円付近に来ており、目先の上値メドとして意識される。本日は米株や原油が上昇しているほか、米国債利回りも上昇に転じており、ドル円をサポートしているようだ。

 ただ、基本的には明日の米雇用統計待ちの雰囲気が強い。その米雇用統計だが、非農業部門雇用者数(NFP)は87万人増が見込まれている。前日発表のADP雇用統計が予想外に弱い内容となったこともあり、予想自体が若干下方修正されている。

 FRBは慎重姿勢を堅持しているものの、前日のクラリダFRB副議長の発言から、市場には9月FOMCで資産購入ペース縮小の開始に言及し、年末か来年初めの縮小開始に予想を戻している向きも少なくないようだ。強い数字であれば、それを裏付ける可能性もあり、ドル円は110円台を試す展開も想定される。一方、弱い内容であれば、期待は後退し、ドル円は下値模索が続く可能性もありそうだ。いずれにしろ、素直な反応になる可能性も留意される。

USD/JPY 109.74 EUR/JPY 129.91
GBP/JPY 152.84 AUD/JPY 81.29

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:8/6(金) 5:13

みんかぶFX

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング