IDでもっと便利に新規取得

ログイン

英中銀発表でポンド上下動、全般的には前日のドル買いに調整=ロンドン為替概況

8/5 20:50 配信

みんかぶFX

英中銀発表でポンド上下動、全般的には前日のドル買いに調整=ロンドン為替概況

 ロンドン市場は、前日のドル買いに対する調整が入っている。ドル円は朝方に109.75レベルまで買われたあとは、上値重く推移。英中銀発表後には安値を109.40レベルに広げている。ユーロドルはj序盤に1.1850近辺まで買われたあとは、1.1828レベルまで安値を広げた。その後は再び買い戻しが優勢となり、英中銀発表後に高値を1.1855近辺へと伸ばしている。いずれも前日海外市場でのドル買いに調整が入る格好となっている。ポンドドルは神経質に振幅も、買いが優勢。序盤に安値を1.3873レベルまで広げた後は、買い戻しの流れ。英中銀発表では政策金利と資産購入目標が据え置かれた。英国債購入目標についてはサンダース委員のみが反対しており、市場のタカ派票増加見込みがはずれて一時ポンド売りに。しかし、インフレ予想の引き上げや、予想対象期間に緩やかな引き締めが必要となる公算大きいとの声明文を受けて高値を1.3946レベルまで広げた。その後は売買交錯しているが、ややポンド買いが優勢。

 ドル円は109円台前半での取引。朝方に109.75レベルまで買われたあとは、上値重く推移。英中銀発表後には安値を109.40レベルに広げている。米10年債利回りは1.16%台まで一時低下している。前日海外市場でのドル買いに調整が入っている。

 ユーロドルは1.18台半ばでの取引。前日からの安値圏で神経質に揉み合い、一時1.1828レベルまで安値を広げた。しかし、ポンドドルの上昇につれて買い戻しが優勢となり、1.1855近辺に高値を伸ばしている。ドル円と同様に前日のドル買いに調整が入る格好。ユーロ円は序盤に129.93レベルまで高値を伸ばしたあとは、売りに押されている。足元では129.60台まで下押しされた。対ポンドではユーロ売りが先行したが、英中銀発表後は買い戻しが入っている。6月独製造業受注は予想を上回ったが、特段の反応はみられなかった。

 ポンドドルは1.39台前半での取引。ポンドドルは神経質に振幅も、買いが優勢。序盤に安値を1.3873レベルまで広げた後は、買い戻しの流れ。英中銀発表では政策金利と資産購入目標が据え置かれた。英国債購入目標についてはサンダース委員のみが反対しており、市場のタカ派票増加見込みがはずれて一時ポンド売りに。しかし、インフレ予想の引き上げや、予想対象期間に緩やかな引き締めが必要となる公算大きいとの声明文を受けて高値を1.3946レベルまで広げた。その後は売買交錯しているが、全体にはポンド買いが優勢。ポンド円は高値を152.68レベルに更新したあと一時152.10台まで反落、方向性に欠ける神経質な動きになっている。ユーロポンドは0.8520台から一時0.85台割れも、英中銀発表後には再び0.8520近辺まで反発している。 

minkabu PRESS編集部 松木秀明

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:8/5(木) 20:50

みんかぶFX

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング