IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明日の日本株の読み筋=上値の重い展開が続くなか、模様眺めムードが広がりそう

8/5 16:30 配信

モーニングスター

 6日の東京株式市場は、上値の重い展開が続くなか、週末要因や現地6日には米7月雇用統計の発表を控えることもあり、模様眺めムードが広がりそうだ。4日に発表された7月ADP雇用統計は、季節調整済みの非農業部門雇用者数が前月比33万人増と、市場予想平均の同68万3000人増を大幅に下回った。両指標の連動性は強くないものの、労働者の動向を計る先行指標がさえない結果となったこともあり、取引終了にかけ、ポジション調整の動きが強まることも想定される。また、4-6期の決算企業を中心に500超の企業が決算発表を予定していることから、個別株物色が一層強まることも想定される。

 5日の日経平均株価は、前日比144円04銭高の2万7728円12銭と3日ぶりに反発して取引を終えた。市場では「新型コロナの感染拡大が警戒され、先行き不透明感があるものの、好業績銘柄を中心とした個別株物色が続きそう」(他の中堅証券)との声が聞かれた。東京証券取引所が引け後に発表した、7月第4週(26-30日)投資部門別売買状況によると、海外投資家は579億円の売り越しで、2週連続となった。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:8/5(木) 16:30

モーニングスター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング