IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧州外国為替市場概況・22時 ドル円、弱含み

8/4 22:08 配信

トレーダーズ・ウェブ

 4日の欧州外国為替市場でドル円は弱含み。22時時点では108.76円と20時時点(109.13円)と比べて37銭程度のドル安水準だった。注目された7月ADP全米雇用報告の結果は33.0万人増と市場予想69.5万人増から大きく下振れた。これを受けて米長期金利が低下幅を広げると共にドル売りが強まり、5月26日以来の安値となる108.75円まで下値を広げた。

 ユーロドルは強含み。22時時点では1.1889ドルと20時時点(1.1856ドル)と比べて0.0033ドル程度のユーロ高水準だった。予想より弱い7月ADP全米雇用報告を受けてドル売りが進み、欧州序盤につけた1.1880ドルを上抜けて1.1893ドルまでユーロ高ドル安に振れた。また、ドル/スイスフランも0.90フラン半ばから0.9023フランまで本日レンジの下限を広げた。

 ユーロ円は下落が一服。22時時点では129.31円と20時時点(129.39円)と比べて8銭程度のユーロ安水準だった。米雇用指標が予想を大きく下回ったことが分かるとリスク回避が意識され、昨日安値129.17円をわずかに下回り129.14円までユーロ安・円高が進んだ。ただ、その後ユーロドルの上昇に支えらえて129.30円台まで下値を切り上げた。

 なおカナダドル円は87円前半から86.68円まで売られた。本日も軟調なNY原油先物の動きがカナダドルの重しとなった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:108.75円 - 109.24円
ユーロドル:1.1842ドル - 1.1893ドル
ユーロ円:129.14円 - 129.62円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:8/4(水) 22:08

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング