IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NY株見通し-長期金利や7月ADP民間部門雇用者数などの経済指標に注目

8/4 20:52 配信

トレーダーズ・ウェブ

 今晩のNY市場は長期金利や経済指標に注目。昨日は軟調にスタートしたが、1.15%台まで低下した米10年債利回りが1.17%台に戻ったことでリスク回避が和らぎ、株価も上昇した。ダウ平均は123ドル安まで下落後、278.24ドル高と反発し、S&P500は0.82%高で終了し、終値の最高値を更新した。

 今晩の取引では長期金利の動向や経済指標を睨んだ神経質な展開か。経済指標では週末発表の米7月雇用統計の前哨戦となる7月ADP民間部門雇用者数が発表されるほか、景気回復ペースを巡っては7月ISM非製造業総合指数が注目される。株式市場では早期の資産購入の段階的縮小(テーパリング)開始が警戒される一方で、景気回復のピークアウト懸念も高まっており、強い指標結果がより好感されそうだ。

 今晩の米経済指標は7月ADP民間部門雇用者数、7月ISM非製造業総合指数のほか、7月マークイット総合・サービス部門PMI改定値など。企業決算は寄り前にクラフト・ハインツ、GM、引け後にウエスタン・デジタル、MGMリゾーツ、エッツィなど発表予定。
(執筆:8月4日、14:00)

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:8/4(水) 20:52

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング