IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今日の株式見通し-堅調か 米国市場はFOMCを無難に消化

7/29 7:48 配信

トレーダーズ・ウェブ

 東京市場は堅調か。7月FOMCでは政策金利は据え置きとなった。パウエルFRB議長会見では、緩和的金融政策を継続するとの姿勢が示された。これを受けた米国株はまちまち。ダウ平均とS&P500が下落した一方、ナスダックは上昇した。ダウ平均は127ドル安の34930ドルで取引を終えた。ドル円は足元で109円90銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて260円高の27790円、ドル建てが280円高の27810円で取引を終えた。

 FOMCでは特段のサプライズはなく、米国株もこれを無難に消化した。米10年債利回りも小動き。きのうの日経平均は400円近い下落となったが、FOMCやパウエル議長の会見でタカ派色の強い内容が出てきて米国株が崩れてしまうことへの懸念が少なからずあったと考える。そのため、本日は買い戻しが優勢となるだろう。ナスダックが上昇で終えたことも安心材料。国内のコロナ感染被害拡大など懸念材料もあるため、リバウンドの域を出ないとみるが、下振れへの過度な警戒が和らぎ、プラス圏で落ち着いた動きが続くと予想する。日経平均の予想レンジは27600円-27900円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:7/29(木) 7:48

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング