IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NY株式:NYダウ127ドル安、FRBの辛抱強い緩和姿勢が下支え

7/29 7:00 配信

フィスコ

米国株式市場はまちまち。ダウ平均は127.59ドル安の34930.93ドル、ナスダックは102.01ポイント高の14762.59で取引を終了した。疾病管理予防センター(CDC)による室内でのマスク着用に関するガイダンス変更を受け新型コロナ・デルタ株流行への警戒感が再燃したほか、連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)で緩和縮小の道筋を示すとの思惑などから金利上昇を警戒し、寄り付き後、下落。その後、FOMCの声明やパウエル議長の会見で、FRBの金融緩和を辛抱強く維持する姿勢が再表明され金利が低下に転じると、ダウは下げどまった。一方で、ナスダック総合指数は上げ幅を拡大。セクター別では、半導体・同製造装置、医薬品・バイオテクが上昇した一方で、消費者サービスが下落。

航空機メーカーのボーイング(BA)は第2四半期決算で、2019年以来の黒字に転換したことがポジティブサプライズとなり、買われた。医薬品会社のファイザー(PFE)や半導体メーカーのアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)も四半期決算内容が予想を上回ったほか、通期見通しを引き上げが好感され、上昇。また、短文投稿サイトのツィッター(TWTR)は新たにオンラインショッピング機能を加えると発表し、買われた。一方、携帯端末のアップル(AAPL)やソフトウェアメーカーのマイクロソフト(MSFT)は昨日引け後に発表した決算が予想を上回る好調な結果となったものの、世界的な半導体不足を警告したことなどが警戒され、それぞれ売られた。

ソーシャルネットワークサイトを運営するフェイスブック(FB)は取引終了後に第2四半期決算を発表。内容は予想を上回ったものの、下半期の収益成長率の鈍化見通しが嫌気され、時間外取引で下落。同じく決算を発表した自動車メーカー、フォード(F)は内容が予想を上回り、上昇している。

Horiko Capital Management LLC

《FA》

フィスコ

関連ニュース

最終更新:7/29(木) 7:38

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング