IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューヨーク外国為替市場概況・2時 ドル円、小安い

7/29 2:04 配信

トレーダーズ・ウェブ

 28日のニューヨーク外国為替市場でドル円は小安い。2時時点では110.04円と24時時点(110.10円)と比べて6銭程度のドル安水準だった。この後に米金融政策の発表を控えており、徐々に様子見ムードが広がった。ただ、ドルが欧州通貨に対して売り戻された影響を受けて上値は重かった。
 なお米民主党・上院議員の発言「超党派によるインフラ法案が合意に達し、水曜夜に採決が実施される」が伝わったものの、相場の反応は薄かった。

 ユーロドルは底堅い。2時時点では1.1814ドルと24時時点(1.1799ドル)と比べて0.0015ドル程度のユーロ高水準だった。対ドルで強含むポンドやスイスフランにつれて1.1815ドル付近まで持ち直した。NY序盤に1.3850ドル割れまで下押ししたポンドドルは一時1.3889ドルまで反発。ドル/スイスフランは日通しのドル安値となる0.9129フランをつけた。

 ユーロ円は小高い。2時時点では130.01円と24時時点(129.92円)と比べて9銭程度のユーロ高水準。ダウ平均が下げ幅を縮めた場面では、欧州前半につけた日通し高値に並ぶ130.06円まで買われた。もっともその後は130円前後で強い方向感はでなかった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:109.74円 - 110.23円
ユーロドル:1.1783ドル - 1.1830ドル
ユーロ円:129.63円 - 130.06円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:7/29(木) 2:04

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング