IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧州マーケットダイジェスト・27日 株安・ドル安・円高

7/28 3:25 配信

トレーダーズ・ウェブ

(27日終値:28日3時時点)
ドル・円相場:1ドル=109.65円(27日15時時点比▲0.55円)
ユーロ・円相場:1ユーロ=129.76円(▲0.29円)
ユーロ・ドル相場:1ユーロ=1.1834ドル(△0.0033ドル)
FTSE100種総合株価指数:6996.08(前営業日比▲29.35)
ドイツ株式指数(DAX):15519.13(▲99.85)
10年物英国債利回り:0.558%(▲0.013%)
10年物独国債利回り:▲0.441%(▲0.023%)

※△はプラス、▲はマイナスを表す。

(主な欧州経済指標)        <発表値>   <前回発表値>
6月ユーロ圏マネーサプライM3
前年比                8.3%      8.5%・改

※改は改定値を表す。▲はマイナス。

(各市場の動き)
・ドル円は下落。中国政府による規制強化の影響を巡る懸念から中国株相場が大幅に続落すると、欧州株も軟調に推移。投資家がリスク回避姿勢を強め、円買い・ドル売りが先行した。6月米耐久財受注額が予想を下回り、米長期金利の指標である米10年債利回りが1.22%台まで低下したことも相場の重しとなり、1時30分前に一時109.59円と日通し安値を付けた。
 ダウ平均は一時260ドル超下落したほか、ナイト・セッションの日経平均先物は大証終値比560円安の2万7350円まで売られたこともドル円の重荷。

・ユーロドルは底堅い動き。欧州勢参入直後は株安に伴うリスク・オフのドル買いが入り一時1.1770ドルと日通し安値を付けたものの、前日の安値1.1763ドルがサポートとして意識されると買い戻しが優勢となった。
 NY時間に入ると、米長期金利の低下などを手掛かりにユーロ買い・ドル売りが進行。2時30分過ぎに一時1.1841ドルと日通し高値を付けた。ポンドドルの上昇につれたユーロ買い・ドル売りも入った。
 なお、ポンドドルは一時本日高値となる1.3893ドルまで値を上げた。月末が近づく中、ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けたポンド買い・ドル売りのフローが観測された。

・ユーロ円は大きな方向感が出なかった。中国や欧州の株式相場の下落を受けてリスク・オフの円買い・ユーロ売りが先行すると一時129.55円と日通し安値を付けたが、売り一巡後は買い戻しが優勢に。ユーロドルの上昇につれた買いが相場を下支えして一時130.01円付近まで下げ渋った。
 もっとも、NY市場に入り米国株が軟調に推移すると再びリスク・オフの円買いが優勢に。1時30分前には129.63円付近まで下押しした。
 ユーロ円以外のクロス円は軟調だった。カナダドル円は一時87.08円、豪ドル円は80.64円まで下落したほか、オフショア人民元(CNH)円は約3カ月ぶりの安値となる16.79円まで値を下げた。

・ロンドン株式相場は続落。中国政府による規制強化の影響を巡る懸念が重しとなり、中国株相場が大幅に続落。英国株にも売りが波及した。レキットベンキーザーが8%超の大幅下落となったほか、スコティッシュ・モーゲージ・インベストメント・トラストが4%超の下げとなった。プルーデンシャルやロンドン証券取引所グループなども軟調だった。

・フランクフルト株式相場は続落。中国株式市場では上海や香港などの主要な指数が軒並み下落したことを受けて、独株も軟調に推移した。市場関係者からは「中国市場のリスクが改めて意識されている」との声が聞かれた。個別ではデリバリー・ヒーロー(3.09%安)やインフィニオン・テクノロジーズ(2.84%安)、フォルクスワーゲン(2.13%安)などの下げが目立った。

・欧州債券相場は上昇。株安を受けた。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:7/28(水) 3:25

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング